事務所紹介

イメージ画像

所長挨拶

 当事務所の方針は、毎月貴社を訪問し、適時に正確で経営に役立つ情報を提供するとともに、納税者の権利が損なわれることの無いよう適正な申告をすることです。

 会社の会計情報は、先ず第一に経営に役立つ情報でなくては意味がありません。また、毎月の会計情報を経営に生かさなければ帳簿を記入する意味がありません。そのためにも当事務所は担当者が毎月貴社を訪問し、正確な月次決算を行い、経営改善に役立つ情報を提供します。

 一方税金の申告に際しては、納税者が不利益な扱いを受けることなく、正当な権利を主張し、法に定められた適正な申告を行うよう努めます。

 今後とも、社会から信頼される会計事務所として、お客様とともに、成長を続けて参りたいと思います。

所長経歴

・昭和23年8月10日生まれ

・昭和46年大学卒業後、商事会社に13年間勤務の後、松山市内の会計事務所に入所

・平成元年12月税理士試験合格
合格科目:簿記論、財務諸表論、法人税、所得税、相続税

・平成2年2月白石功税理士事務所開設

・法人・個人の会計、税務の業務に従事する一方、公益法人の顧問、監事に就任

・TKC全国会資産対策研究会、租税判例研究会等に参加
判例研究論文「ホステス報酬の源泉徴収義務と所得税法施行令322条の『当該支払金額の計算期間の日数』の意義」(TKC税研情報VOL.19 NO.5)、「役員賞与が事前確定届出給与に該当しないとされた事例」(TKC税研情報VOL.23 NO.3)

趣味・嗜好

油絵制作、読書、農業、お酒、剣道(二段)

所属団体

四国税理士会松山支部、TKC全国会、北条ロータリークラブ